エトノスシネマ

民族・民俗・考古・芸能・宗教・自然の映像アーカイブ

シネマ館CINEMA

世界の民族=民族誌映画作品のアーカイブ

特集「台湾・世界一美しい船」2本パック

〈チヌリクラン〉
台湾の東南海岸沖にある蘭嶼(らんしょ)には、ヤミ(タオ)族が暮らしている。この島では代々「チヌリクラン」という手漕ぎの10人乗りの船が造られてきた。世界で一番美しいといわれる伝統のトビウオ漁船だ。祖先はこの船でフィリピンのバタン諸島からやってきたと伝えられている。
島のイモロド村で27年ぶりにチヌリクランが造られることになった。その船材の伐り出しから、船体づくり、伝統模様の彫刻をほどこすまで丹念に追い、さらに続く進水式の儀礼と処女航海、そしてトビウオの初漁までを一年にわたって記録した。映画は、船長の座をめぐって2人の男が競い合う様子、男たちの伝統的な夜を徹した歌会なども捉えており、チヌリクランにからむ人間ドラマから、蘭嶼の現状が見えてくる。
〈アラヨの歌〉
毎年蘭嶼に、トビウオの季節がやってくると、それを追ってアラヨ(シイラ)が回遊してくる。アラヨは「神様の魚」と信じられている。漁解禁の朝、シイラ捕り名人シャプン・マカラシュ(68)は、手作りの小舟で一人沖に漕ぎ出て伝統のシイラ漁にとりかかった。まず活餌のトビウオを捕まえ、舟を漕ぎながら、「アラヨよ、さあ寄ってきてこの釣り針にかかっておくれ、そしたらお礼にこの若い雄鶏をあげよう」と歌いかける。するとアラヨが海面に飛び上がった。水揚げした後、初漁のシイラは伝統にのっとって丁寧に捌かれ、着飾った妻に厳かに迎えられ、誇らし気に漁師の家の干し棚に飾られる。老漁師の語りのみで伝える詩情あふれる短編。

  • 監督名
    アンドル・リモンド
  • ジャンル
    アジアの民俗
  • 110
  • レンタル価格
    1500
  • 制作年
    2006
  • 撮影年
    2004, 2005
  • スタッフ・
    キャスト情報
    〈チヌリクラン〉
    【監督】アンドル・リモンド
    【撮影】後藤一平/金沢裕司/アンドル・リモンド
    【別班監督】神央
    【語り】小林勝也
    【学術協力】台湾YAMI文化研究フォーラム/乾尚彦/皆川隆一
    【制作】北村皆雄/三浦庸子

    〈アラヨ〉
    【伝承】シャプン・マカラシュ
    【監督撮影】アンドル・リモンド
    【制作】北村皆雄/三浦庸子
  • 地域
    台湾, 蘭嶼
  • コピーライト
    ©︎VISUAL FOLKLORE INC.
  • 動画URL
他のシネマ館を見る