エトノスシネマ

民族・民俗・考古・芸能・宗教・自然の映像アーカイブ

シネマ館CINEMA

世界の民族=民族誌映画作品のアーカイブ

アラヨの歌〜台湾・蘭嶼のシイラ漁

毎年蘭嶼に、トビウオの季節がやってくると、それを追ってアラヨ(シイラ)が回遊してくる。アラヨは「神様の魚」と信じられている。漁解禁の朝、シイラ捕り名人シャプン・マカラシュ(68)は、手作りの小舟で一人沖に漕ぎ出て伝統のシイラ漁にとりかかった。まず活餌のトビウオを捕まえ、舟を漕ぎながら、「アラヨよ、さあ寄ってきてこの釣り針にかかっておくれ、そしたらお礼にこの若い雄鶏をあげよう」と歌いかける。するとアラヨが海面に飛び上がった。水揚げした後、初漁のシイラは伝統にのっとって丁寧に捌かれ、着飾った妻に厳かに迎えられ、誇らし気に漁師の家の干し棚に飾られる。老漁師の語りのみで伝える詩情あふれる短編。

  • 監督名
    アンドル・リモンド
  • ジャンル
    食習, 漁業, 労働, 年中行事, 民謡, 信仰, 芸能, 予兆, 禁忌, 呪術
  • 17
  • レンタル価格
    700
  • 制作年
    2006
  • 撮影年
    2004, 2005
  • スタッフ・
    キャスト情報
    【伝承】シャプン・マカラシュ
    【監督撮影】アンドル・リモンド
    【制作】北村皆雄/三浦庸子
  • 地域
    台湾, 蘭嶼
  • コピーライト
    ©︎VISUAL FOLKLORE INC.
  • 動画URL