エトノスシネマ

民族・民俗・考古・芸能・宗教・自然の映像アーカイブ

フィールド・ノートFIELD NOTES

研究者、映像製作者の映像ノート映像資料

羽黒修験 冬の峰

山形県鶴岡市にある羽黒山は、月山登拝の入口の一つであるとともに、月山のハヤマにあたり、古くから庄内平野の人々の信仰を集めてきた。この羽黒山に伝わる冬の峰は、松聖と呼ばれる二人の山伏が、「天下泰平・国土安穏・風雨順時・五穀豊穣」を祈願して百日間の厳しい籠り行を行うことで知られている。この行では農小屋をかたどったものの中に、五穀が収められた筒を入れた興屋の聖と呼ばれる御神体が斎壇に飾られる。松聖は、豊かな実りを確かなものとするために、朝夕、穀霊の宿った興屋聖に祈願を続ける。百日間の行が満願を迎える大晦日は、羽黒山を支える手向地区の村祭、松例祭(歳夜祭)でもある。二人の松聖は、その修業の成果によって来年の吉凶を占うことで、松例祭の中心的な役割を果たすとともに、彼らが育んだ穀母は来たるべき実りを約束するものとなる。大聖坊十三代目の星野文紘(尚文)氏が位上松聖を勤めた年に、フィールドワーカーが撮影した貴重な記録である。

(51分/2009年/2007,2008年撮影/SD/カラー/レターボックス16:9)

【『羽黒修験 冬の峰』予告編】

【収録内容】
大聖坊 星野文紘
冬の峰 第1日 幣立祭
羽黒山 斎館
興屋聖 降神祭
冬の峰 第2日 勤行がはじまる
冬の峰 第51日 山上参籠がはじまる
冬の峰 第53日 巡拝 精進料理 松の勧進
冬の峰 第99日 朝拝 巡拝 星野文紘(松聖位上インタビュー)
補屋へ入堂 大松明 神拝 大松明引 火の打ち替え 昇神祭

※SD画質による作品のため画質が鮮明でないところがあります。ご了承ください。

  • ジャンル
    羽黒修験/冬の峰/松例祭/松聖/勤行/験競べ/興野聖
  • 51
  • レンタル価格
    400
  • 制作年
    2009
  • 撮影年
    2007,2008
  • スタッフ・
    キャスト情報
    【監督・撮影・編集】天野移山
    【撮影】遠藤協/黒沼雄太/布施桜
    【編集協力】戸谷健吾
    【協力】出羽三山神社/大聖坊/多摩美術大学芸術人類学研究所
  • 地域
    日本, 山形, 庄内, 鶴岡市, 手向, 出羽三山神社, 大聖坊
  • コピーライト
    ©︎天野移山
  • 動画URL